贈答品を考えてみる

日本人の生活の中で、冠婚葬祭ということは常についてくるものであるといえるでしょう。生きているからこそ、こういったこともあるわけですが、その時には感謝の気持ちを表さなければいけないことも出てきます。その中でも、細かな決まり事があったりするのが、日本のしきたりだったりするのです。 細かなことですから、あまり気にしない人もいます。しかし、目上の方にお贈りするのであれば、そういうわけにもいきません。何か失礼なことがあれば、感謝の気持ちが表せないどころか、不快にさせてしまいます。ルールやマナーをしっかりと心得ておかなければいけないでしょう。

日ごろの感謝の気持ちということでは、冠婚葬祭だけではなく、お中元やお歳暮、年賀のあいさつの時のマナーも考えておかなければいけません。いつ贈るべきなのか、正しい方法は何か、贈答品一つをとってもしきたりがあるからです。気にしないと思っているのは、自分だけかもしれません。受け取るほうが気にしていれば、無作法に当たることは避けるべきでしょう。 こういったことは、決して簡単なことではありません。時期だけではなく、熨斗紙の有無や表書きの書き方、水引の形まで、様々なことがあります。受け取ってみて、うれしいと思うことや、ありがとうと感謝したくなるように、マナーは正しく行っていかなければいけないのです。

知らなくて済まされるものではありません。知らなければ調べればいいのです。そのための資料となるように、いろいろなことを記載してありますので、参考にしていただければ幸いです。